産後骨盤矯正

  • 産後から腰痛・肩こりが取れない
  • 太りやすく産前の体型に戻らない
  • 産後歩くと股関節が痛い
  • 産後から全身疲れやすく疲れが取れない
  • 骨盤が開いた感じがありo脚になった

赤ちゃんが生まれる時に、骨盤を大きく開かないと

出てこれないのです。

 

急に開く事によって骨盤の歪みに繋がってきます。

 

ただ、骨盤は出産をした後、自然に元に戻るのですが、

妊娠中の姿勢・歩き方・クセや日々の生活環境で

本来骨盤を支えてくれるインナーマッスルが落ち、

筋肉のバランスが崩れ、育児や家事、仕事を行うことで

骨盤の歪みはどんどんと強くなっていきます。

 

出産後に骨盤が歪んでしまう大きな理由の一つになります。

産後の骨盤の歪みが良くならない理由

 

骨盤の歪みは、子供が生まれた事による日常生活の変化

運動不足も大きく影響を受けます。

育児が始まれば抱っこをする事が多くなり

本来正しい骨盤・背骨の位置の維持が難しくなるのです。

 

育児をしながら家事をしたり、仕事の復帰などで身体への負担の量はどんどん増え心身ともに疲弊していきます。

育児をしながらの家事や仕事は時間に追われ、

施術する時間が取れないこともあり、

症状が一向に良くならない・もしくは悪化する大きな理由になってきます。

 

 

産後の骨盤矯正いつからできるの?

出産後の1~2ヶ月の間は、骨盤は不安定な状態にあるので、

その期間に産後の骨盤矯正はあまり望ましくなく、自然分娩の方は2ヶ月後から、帝王切開の方は3ヶ月後からが産後の骨盤矯正をはじめるのがいいです。

産後1年以上経過している方でも、骨盤が開いたままの方も多いです。

ポッコリおなかが気になる方や、産後腰痛になった方

1年以上経っている場合でも産後骨盤矯正を受けた方がいいです。

出来るだけ早いタイミングで産後骨盤矯正を受けると

施術効果も高くなります。